4Xと互角の勝負!!
〜トリア プレシジョン〜

脱毛器トリア
《プレシジョン スペック》
・ 光源;ダイードレーザー.
・ 出力波長;810nm
/JIS安全基準クラス1.
・ 3段階出力調整機能搭載.
・ 充電式/フル充電後 稼働時間15分.
/本体一体型リチウム電池内蔵.
・ 充電回数;不明.
・ 総重量;約200g.

※ トリアプレシジョンって何者?

《公式サイト;商品説明》
トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンは、特にムダ毛が気になる細かい部位のお手入れに適した、スリムで人間工学に基づいた設計。
持ち運びに便利なコードレスのトリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンは軽量でフレキシビリティ抜群。細かく敏感な場所からラクラクムダ毛を除去し、定期的なお手入れでずっと続くツルスベ肌へと導きます。

”プレシジョン” は、”トリア4X” をホントに小さくしてコンパクトに、どこにでも持ち運びが可能で、持ちやすく、いつどこでも脱毛処理ができるミニサイズの脱毛器として、開発されました。

トリア4Xと比べると、断然小さく 重量も4Xのほぼ3分の1程度。
小さいながら、レッキとしたダイオードレーザーを採用した本格的なレーザー脱毛器です!

4Xとプレシジョン どっちがいいの?

大きさや形状にはかなりの違いがあるこの2つですが、機能的にはそう大差がないという事実。
 プレシジョンの出力調節機能は3段階と、4Xほどこまめな設定はできませんが、”細かく設定をしていない” というだけで、最高出力の照射力は互角というからすごい!

元々は、「狭い範囲の脱毛に・・」と開発された製品で、”口周り・両脇・vio” などの脱毛処理だけならプレシジョンで十分事足りるでしょう。
 ただ、如何せんフル充電後の稼働時間が、”15分” と、短いのが難点かも。4Xでさえ30分というと「短い!」と感じている人は多いのに、さらに上をいく短さ!ちなみに充電時間は、2時間〜3時間 と、ここは4Xと変わらず・・

おそらく・・ ”狭い範囲のみの脱毛” という観点から、「15分あれば十分に1回分の処理が完了できる時間」として設計されたのでは? と考えますが・・ 実際、重さ200gと4Xよりも取り回し安い分、照射速度も増す ことを考えると妥当 といったところでしょうか。