トリアの正しい照射方法.

レーザー光線は、トリアのその形状からもわかるように、ある一定の方向に向かって進む性質を持っています。そのため、レーザー脱毛は 一回の照射範囲が狭く、ピンポイントでターゲットを攻撃します。
 トリアの照射口も直径1cm、レーザーが照射される部分は わずか8mmです。

ということは トリアでの脱毛は、かなり高度なテクニックが必要?になるのでは・・(汗)人によっては神経をする減らす作業になる可能性あり。

※ トリアの照射方法は2種類?!

トリアの照射方法は、主に2種類あります。

【スライディング照射】

・・照射口をピッタリと肌につけたまま離さずに、そのままの状態でズルズルと滑らせていく方法。

脱毛器トリアまず、トリアの照射口をピッタリと肌に密着させます。
 この時に内蔵されている3点のタッチセンサーが3つとも感知しないと レーザーは照射させませんので注意してください。

 照射口がキチンと肌に当たっていると、「プッ」と言う操作音が。
その後すぐ「ピッ」と鳴った と同時に、レーザーが発射されます。1度照射をすると 再び「プッ」と言う操作音がして、待機状態になります。

スライディング照射のコツとしては、「プッ」の待機状態で照射口をズラし、「ピッ」で照射。この繰り返しです。照射口をズラした時に1点でもタッチセンサーが感知しなかった時は、「ブーッ」と言うちょっと長めの 低く鈍いエラー音がしてレーザーは照射されません。ズラす度合いは、ほんの5mm程度で。

「ピッ」の後、すぐにレンズを移動(「プッ」の前)すると照射が中断されてしまうので気を付けましょう。
 また 痛みでどうしても我慢ができない時以外は、できるだけ 1部位を一気に照射してしまいましょう。

【ポイント照射】

・・スライディング照射で、ズラしていた部分を、1回1回 肌から離して(いちいちトリアを持ち上げる)照射したい部分のみを狙ってピンポイントで照射する。

 比較的狭い部分や凹凸のある部分(脇・vioなど)の脱毛に便利です。

トリアの照射は慣れ.

最初はやはりトリアの重さと、照射時の痛みの不安感から、うまく肌に密着させられなかったりして、失敗の連続かと思います。ですが、落ち着いてやっているうちにだんだんと慣れてくるもの。

 痛みも、毛根が元気なうちはしばらく続くかもしれませんが、根気強く照射を続けていくうちに 徐々に弱ってくるので、そうなると痛みはなくなる一方です。
出力の差はあれども、医療レーザーの第一線で活躍している レッキとしたレーザー光線である “ダイオードレーザー”。

なかなかどうして、それなりに リスクに見合う脱毛効果は期待できます。