使い方 〜基本編〜 

トリアは、設計の段階から 家庭用脱毛器として、一般の人 誰でもが安心・安全に使えるレーザー脱毛器として作られ、FDAにも認可された 正真正銘の『家庭用レーザー脱毛器』です。
 家庭用といえども、トリアに使用されているレーザー光は 実際に医療の現場でもポピュラーに活躍している 「ダイオードレーザー」

使い方を誤ると、とんでもないトラブルに発展するかもしれませんので、使用の際は 取説に従って正しい使い方をするように心がけましょう!

※ トリアを正しく使いこなせるようになるには最初が肝心!

初めて使用する場合は、まず 使用上の注意事項を熟読!とりあえず、使用してはダメな場合 または使用できない部位の確認だけでもチェックしておくことが肝心です。
 事前に、スキントーンチャートで自分の肌色は毛色のチェックをして、照射開始前の6週間以内は 過度な日焼け・ケミカルピーリングなどのケアをしないようにしましょう。
 
《スキントーンチャート&ヘアトーンチャート》
脱毛器トリア

パッチテスト(テスト照射)は必ず行ってください。(パッチテストとは、施術や薬剤によるアレルギー反応を事前に調べるためのもの)

【パッチテストのやり方】
実際に使用する2日前(48時間程度)を目安に行います。
肌の出来るだけ目立たない部分を選んで、実際に照射をします(小さい範囲で)。
まずはレベル1の低い出力から始めて、レベル5の最高出力まで、場所を変えて照射します(最高出力まで耐えられない場合は 耐えられる範囲で)。
 その後、24時間放置して様子を観察します。

このパッチテストで、水ぶくれ・やけど・肌の色の変化 などが起きた場合は、使用を見送って速やかに医師の診断を。。
 多少の赤みが出るのは フツーで、だいたい2,3日後には消えますので心配いりません。

シェービング.

テスト照射で異常が見られなかった場合は、スケジュール通り(脱毛開始時は、あらかじめ脱毛スケジュールを決めることをお勧めします)照射をする準備に取り掛かります。
 トリアは、テスト照射が終わったら すぐに充電しておきましょう。フル充電までにかかる時間は2時間。稼働時間はフル充電時で最長30分です。

そして、照射する部分の毛をシェービングして、水分を拭き取り 清潔にします。

照射!!

トリアの電源を入れ、出力レベルを調節します。テスト照射で大体の痛みの感じがわかったと思いますが、最初はできるだけ低いレベルから照射していくようにしましょう。

 トリアの照射口(レンズ部分)をピッタリと肌に密着させ、照射を開始します。

鎮静・保湿.

照射をしていく途中で、かなりの頻度でクーリングを余儀無くされるトリアですが、照射が完了した時点でも クーリングは必須。

 トリアのレーザーによって火照った皮膚を落ち着かせ、毛穴を引き締める効果があります。
十分に鎮静させたあとは、手持ちの化粧水 もしくは美容液で保湿・保護を忘れずに!